できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロータリー奨学生の集まり in スコットランド

16日(土)くもり

今日は、Rotary District 1010(スコットランド東側の地区)の奨学生の集まりがあるので、
ホストカウンセラーの McEwen ご夫妻と一緒に車で朝8:30にアバディーンを出発しました。

アバディーンから車で2時間ほどかかかって開催場所に到着

ゴルフバッグに花を植えちゃうような町
ガーデニング?


そう、ゴルフ発祥の地、St.Andrewsです
ゴルフ場


こちらがミーティングが開催される the Scores Hotel です。
北海に面しています。
ホテル会場


まず、到着した人からコーヒー、紅茶でくつろぎのひと時。
つづいて、奨学生の自己紹介プレゼンです。

奨学生は8人いて、
6人・・アメリカ人
1人・・ギリシャ人(留学2年目、英語ペラペラ)
1人・・わたし

気持ちは、アウェイです
(みんないい人なんですけど、英語がね、できないの。)
そんな中、プレゼンで笑いを3回とったからきっと上出来でしょう

アメリカ人は、6人中5人が St.Andrews大学です。そのうち2人は元々は軍に所属していて、
のこりの人も家族に軍の人がいたり・・

理由は、St.Andrews大学には "Terrorism Studies”や 
"Middle East & Central Asia Security Studies"などの国防に関するコースがあるのです。

結構新しいコースなのかと思ったら、イギリス、特にスコットランドは IRAとの関係もあり
こういう学問が発達しているとのこと、なるほどです

昼食(これもつらい)の後は、市内観光です

St.Andrews城
セント・アンドリューズ城


St.Andrews大聖堂
セント・アンドリューズ大聖堂


町の大通り
大通り

このあと、アバディーンに帰ってMcEwen ご夫妻のお家で晩ごはんをいただき、
寮に帰ってきたのは夜の10時ごろでした。
この後、ものすごい寒気と腹痛に襲われ、シャワーを浴びてさっさと寝ました。
きっと疲れていたのでしょう。

次の日、朝起きたら治ってました。よかったよかった
結構私も繊細なのね~


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2010/10/18 03:21 ] ロータリー奨学金 | TB(-) | CM(2)
はじめまして(^-^)
はじめまして、tiare tahitiさん。

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます(●^o^●)

ゴルフバックに花を植えるなんて、すっごくオシャレですね。
お城の写真も綺麗です。

空が曇っているところがイギリスっぽいです。

寮生活楽しそうですね~
いいなぁ~(^◇^)

[ 2010/10/18 11:16 ] [ 編集 ]
> どやさ2さん
はじめまして(^O^)
お越しいただいてありがとうございますe-247

さすがのイギリスでも、ゴルフバッグにガーデニングしているのは初めて見ました。

曇りでしたが、イギリスに来て、雨が降らなければ”天気がいいe-68
という感覚になりつつあります・・・。

[ 2010/10/19 06:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。