できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初授業(Health Economics)

27日(月) 晴れ
今日はスコットランドの祝日だそうです。でも、授業はあります。
祝日の定義がよくわかりません

授業があるのはいいのですが、バスが祝日なのでほとんど走ってません
バス停に行くと、イタリア人の女の子が「バス来ないよ。今日祝日だから。」と教えてくれました。

アバディーン大学は、King's college(寮から徒歩20分くらい) と
Foresterhill Campus(寮から徒歩だと1時間ちょっと)があり、
今日の授業はForesterhill Campusであります。

そのイタリア人の子はKing's collegeに行くそうなのでタクシーで相乗りしていき、
そのあとForesterhill Campusに向かってもらいました。

初日からタクシーなんて・・・、

授業が始まっても人がほとんどいなくて、遅れて続々とやってきます。
原因は不親切な地図と講義会場の説明です。

Foresterhill Campus(医学部や病院などがある)の全体地図がメールで送られてきて、
講義は Medchi でやります。

↑これだけの情報でどうやってたどり着けと・・。
私は全然自信がないので、スタッフに質問を送っていて、
その返事がもらえていたので何とかたどり着きました。

みんなバスを待っていたけど全然来なくて、ある人は徒歩で、ある人はタクシーで来たそうです。
早めにタクシーに乗る、という選択ができた私はラッキーでした。

さてさて、今日の授業は、”Health Economics”
MBA Intarnational Healthcare Managementの人だけでなく、
Healthcare系の修士の人も受けていて総勢40人ちょっとです。
明らかなおじさんが3人いるのですがどのクラスなんだろう・・。

イントロダクションと、経済について前回紹介した「経済学超入門」に載っているような
基本的な内容(といっても英語はよくわかりませんが)でした。3時間はきつい!!

ワークショップが中心で読まないといけない資料・本もたくさんあり大変そうです
なにより英語の問題が・・・。

授業の後は、MBA IHMのノンネイティブ6人組で医学部の図書館に資料を探しに行ったりした後、
歩いて帰りましたよ、40分!

ちなみに今のところMBA IHMは、7人判明しています。

アメリカ(ネイティブ)1人
インド(英語公用語) 2人
ナイジェリア(英語公用語) 2人
ベネズエラ(preコースで一緒だったけどもう遠いところにいる・・) 1人
日本(バリバリの純ジャパ)1人←わたし・・・

お医者さんや、歯医者さん、心理カウンセラー、薬剤師、医療機器エンジニアなどなど
バックグランドが色々でとても勉強になります


ちなみにみんながたどりつくのに苦労したMedchi Hallです。
Medchi Hall①

きれいですがノート取るのが大変・・・。
Medchi Hall②



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2010/09/28 04:17 ] MBA授業 | TB(-) | CM(2)
Waoooooo!
2位Passなんて~
がんばってるね♪
どこもScott landらしくてきれいね
Classが始まって、こっちもわくわくしてます~♪
[ 2010/09/30 21:44 ] [ 編集 ]
>さとみさん
ありがとうございます(^O^)

でもよく考えれば、ビジネススクール200人として、
このクラス(18人)にいるということは、
英語能力下位10%ってことなんですけど、
まあそんなことは気にせず、何とかなってよかったですe-68
[ 2010/10/01 04:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。