できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JAL崩壊

今日は、↓の本を読みました。

JAL崩壊 (文春新書)JAL崩壊 (文春新書)
(2010/03/17)
日本航空・グループ2010

商品詳細を見る


私は、ANA派なのでJALはほとんど使いませんが、なかなかおもしろかったです
内部告発、というほど重い内容ではなく、JALという組織がいかにひどいかということが
ちょっと井戸端会議のグチ風に書かれています。キャビンアテンダントの視線で
描かれているので、他の職種の人が書いたら、また別のひどい側面が見えてきそうです。

他の航空会社の内情を知らないので、JALが特別ひどい会社かどうかは判断
できないのですが対応が後手に回りすぎ、経営破たんを避けることができなかった、
ということは事実のようです。

でも、読めば読むほどJALという会社で働くのはいやだな(入れてくれないと思うけど)、
と思ってしまいます。

人間関係はとても大事です
スポンサーサイト
[ 2010/04/19 01:01 ] 読書 | TB(-) | CM(2)
面白そうですね。
日本に帰ったら読んでみようと思います^^
ダートマス大学は日本の本が手に入らないので
そこがつらいところです。
[ 2010/04/20 01:17 ] [ 編集 ]
>ゆじろさん
海外では日本の本は手に入りにくいのですねe-443
日本の週刊誌とか海外在住の方に喜ばれるって聞きます。

飛行機を利用するとき、この本の内容を思い出すと
面白いような、こわいような・・・。
[ 2010/04/20 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。