できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寮の紹介

25日、くもり時々晴れ
今日は寮の紹介をしたいと思います。

私は現在、Hillhead Hallsという大学の寮に住んでいます。

Hillhead Halls

ここは、目的別に住むCourtが異なりますが、
4週間の英語コースの間は、Hector Boece Courtに住んでいます。

Hector Boece Court


フラットメイトは、
中国人 2人
ナイジェリア人 1人
日本人(私含む) 2人

の計5人です。

向かいのお部屋が日本人の修士学生で
Aberdeenで知っている唯一の日本人です。

英語コースの後は、同じHillhead Halls内にある North Courtという寮に移ります。
大学院生用で、少し部屋も広いとのこと。

Hillhead Hallsは、シートン公園にぐるっと囲まれていて、
毎日不思議な動物(たぶんカモメ?)の声が響いています。
夜の洗面所などは、さながらキャンプ場のようです。

学校には、先日書いたDon Streetではなく、シートン公園を突っ切って通っています。
5分くらい時間が短縮できます。

シートン公園①
緑いっぱいのシートン公園

シートン公園②
花が咲き乱れています。

そして今日は、初洗濯
Hillhead Hallsには2か所のランドリーがあり、
洗濯は2ポンド(+20セントで時間が短くできます)、乾燥機が1ポンドです。
決して安くはないので、ためるだけためて洗濯するようにしないといけません

今から、英語コースの宿題です。
The Economist のEmerging economies の特集記事を読むのが昨日の宿題だったのですが、
この特集は7つの記事からできていて、私を含めてクラス中みんな最初の1つしか
読んできていませんでした
先生は全部のつもりだったらしい・・・。

ということで今から読まなければ!


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2010/08/25 23:44 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。