できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時間のクジラ

1日(日)

今日もまとめて、NHKビジネス英語の日です。

先週・今週のお題は

Voluntourism Thrives

ボランティアツーリズムの流行、です。


【面白かった表現】

have a whale of a time

で、素晴らしい時間を持つ

a whale of ...というのが、「すばらしい」という意味のようです。
途方もなく大きい ⇒ すばらしい、となったのでしょうか。

でもでも、

have a whale of a time doing

となると、~するのをとても楽しむ、ではなく
~するのに手間取る、という意味になっちゃいます。


~をとても楽しむ、と言いたいときは

have a whale of a time on ~

となります。

あと、日本でもよく聞く
”Rome was not built in a day(ローマは1日にして成らず)”

は、努力と忍耐なしには成功しない、という意味なんですが
時として、仕事が遅れたことへの言い訳として使われることもある
とのことです。

物はいいようですね




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2012/04/01 22:21 ] 英語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。