できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日の勉強報告

5日(月)雨

今日も朝からタリーズで、
パソコンを親の仇のように打ちまくるお兄さんと
心のライバル、メガネのお兄さんにはさまれて
2時間ほど英語・・

今日は、アメリカ出張に行った際に
ラウンジでもらったウォールストリートジャーナル
なる新聞を読んでみました。

気になった記事は、
ガンの治療に使う薬「アバスチン」の偽物が
米国内で流通しているとのこと。

偽物は、有効成分(ガンに効く成分)が入ってないそうです。
でも、お医者さんも、患者さんも偽物を使っているなんて知らないから
「この薬効かないなー」と思っているかも・・・とのこと。

ガンのような命にかかわる薬で、偽物なんて
よっぽど精巧に作られたものが、流通段階でどこからか
混じってきて、薬の中身を検査しないと本物かどうかわからない
ようなものなのかな~、これは大変だ!と思っていたら

偽物の薬のラベルはフランス語だそうです(本物は英語)。

もし、日本の病院で使おうと思った薬のラベルが
中国語や韓国語などほかの国の言葉だったら、、、

使わないで薬を売ってる会社に問い合わせるよね・・・。


大丈夫か?アメリカ



<今日の単語>

counterfeit 偽物、本物でない





もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2012/03/06 21:19 ] 英語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。