できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Aberdeen生活1日目

いま、大学の寮にいます。
英語のクラスが明日から4週間あり、その間滞在します。
そのあとは別の寮(大学院生用)に移ります。

コンロが壊れています。ご飯作れません今日は日曜日で店も開いてなく、
寮は町からとーーーっても離れているので外食にも行けず、おなかすきました・・・。
ちなみに机の電気も点きません

いろいろあるけど、忘れないうちにこの5日間あったことを書いておきます。

<8月18日(水)Aberdeen1日目

ロンドンのヒースロー空港で乗り換え、17:40 Aberdeen空港に降り立つ
ちょっと肌寒い。天気は快晴

空港には、ロータリー財団のホストカウンセラー McEwen ご夫妻が
お迎えに来てくれていました。
旦那さんはお髭の紳士、奥さんは世話好きの明るい人です。推定50歳くらい?

車で私が滞在する予定の寮、Hillhead hallに向かいます。
寮のお部屋は、6部屋が1つのフロアにあり、キッチン・バス・トイレは共同です。
しかし、ベッドはあるけど枕や掛布団がない!

あまりに何もないので、McEwenご夫妻のおうちに泊めていただくことに。
すごい豪邸です。数えられるだけで、部屋が8つありました(そのうちリビングは3つ)

かわいいお部屋

私が使うことになった、かわいいお部屋です

明日は市内探検です



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2010/08/23 02:22 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。