できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドキドキ卒業旅行(その3:ライア●エアの壁)

<その3. ライア●エアの壁>

今回の旅行は、貧乏学生旅行なので
格安航空会社
ライ●ンエアと
イー●ージェットを駆使しての旅行です

安いけど、不便な空港、不便な時間なんですよね
なので、朝6時のフライトです。

無事に空港に着けて一息、持ってきた朝食
(リンゴやサンドイッチなど)
を食べて、そして搭乗です。

機内に持ち込める荷物は1つだけ。

1つっていったら絶対1つ!!
ポシェットも、ビニール袋だって認められません。

そして、搭乗に先立ち
乗客全員の荷物のサイズがチェックされます。

よく空港に「機内に持ち込みできる荷物のサイズはこれですよ」
ということを示す BOX (その中に荷物が入ればOK)
がありますよね。

アレに1人1人荷物を入れてパスしなければ
通してもらえません。

私は1回目、無理でした
荷物を整理し直し、2回目に挑戦!!

無理やり押し込もうとしてけど入らず・・・

気持ちは、シンデレラのお姉さん達です

仕方がないので、重要度の低いものを捨て
3度目でやっとパスしました~

もちろん座席指定などないので
(早い者勝ち、お金を払えば優先して入れてもらえる)
かなり焦りました

友達も3回目でパス

乗客の中には明らかにカバンのサイズが
BOX 以上の人がいて
追加料金を要求されていました。

その人は一生懸命、
「ちょっとはみ出ているだけじゃないか、
どうしようもないのだから許可してくれ」

と訴えていましたが、きっとダメでしょう。

安いのにはそれなりに理由があるようです。
当たり前か

イタリアに行く前なのにいろいろ
試練があるものだ・・・


<その4. ベニス、そこはディズニーシー編>に続く


PS.
フェイスブックで紹介して、好評だったイギリスの地図
(ネットで拾ってきた画像です)
これであなたももう、イギリスを見る度
この女の子を想像してしまうでしょう(^O^)

アバディーンもちゃんとあるよ。

イギリスちゃん




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/21 08:09 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。