できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボブさんと私

10日(日)雨

今日3つ目の記事です

ミサキさんのところでの打ち合わせが終わって
寮についたのは23時半過ぎ。

アマゾンに頼んだ本が来ていないかなー
とポーターデスクに行きます。

するとボブさんがいました。
ボブさんは、推定60歳くらいのおじいちゃんで
片言の日本語をしゃべります。

私が
「荷物調べてもらおうと思ったんだけどもう閉まってるかな?」

と聞いたら、
ノープロブレムだよ

ということで調べてくれました。
残念ながら、私のアマゾンちゃんはまだ来ていませんでした

するとボブさん、
「君に日本語を教えてもらおうと思ってたんだ!ちょっと待ってて」

と紙とペンを取りに行きます。

私 「どんな日本語?」
ボ 「あのね、今夜の月は君に微笑んでいる、僕の夢に出てきておくれ、って日本語でどういうの?」
私 「・・・・・日本人はそんなこと言わないのでそんなフレーズはない」
ボ 「そうなんだ・・」
私 「良い夢を、は?意味は Have a nice dream だよ」
ボ 「君じゃなくて僕が夢を見るんだ」
私 「そうですか・・」
ボ 「それなら、僕の今夜の夢は君であふれている、ってフレーズはある?」
私 「ない。」

ということで、とりあえず
「今日は君の夢をみるよ!」

という軽いセリフを教えました。

ボブさん、どこで使うんだ・・・


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/07/11 09:36 ] キャンパスライフ | TB(-) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/13 06:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。