できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Exam 週間の始まり~

23日(月)雨のち晴れ

風が強いです
どれくらい強いかというと、そこら辺の木が
バシバシ折れてるくらい。

風が強い


さて今日から試験が始まりました。

予定は、
23日(月) Managing People at Work
31日(火) International Health
6/1日(水) Leading International Health Care

ということで、さっそく一つ目終了
落ちはしないかな、というくらいは書けました。
前回の試験からの反省で、下記の2点に注意して試験に臨みました。



その① 
聞かれていることだけに答える!!


聞かれていること以外を答える時間的余裕も、
記憶力も、英語力もどれをとってもありません。
でも、これが結構難しい。
どうとでも書けるようなブロードな問題なので、とりあえず、
関連する内容の知っていることをひたすら書きます。
(注:関係のない内容の知識を書いても点数にはなりません)


あまりお勧めできる方法ではありません。
なぜなら先生方は口を酸っぱくし
”知っていることを全部書くのが試験ではない”、
とおっしゃっているからです。

しかーし、あえてこれで行きます。
独自の理論展開があまりできないので、
高得点は狙えませんが、落ちることはありません(たぶん)。
理論展開している余裕はない!!


ネイティブ、英語公用語組は私の倍以上のスピードで
書いていきますからね


その②
英文がへたくそなら、図表で書いてしまえ!!


理論の説明など、一字一句覚えるのは無理です。
でも、覚えないとあやふやな英語力と文法力で
酷い答案になる可能性も・・・、

そんな時は図や表にしてしまいます!!
”●●理論のサイクルを図1に示す”として
説明すれば、内容を理解していることは通じますし、
文章も書きやすくなります。

ページ数も稼げますし(見た目的な問題)、
図表のほうがまだ覚えやすいです。

以上、
凡人がどうにかして試験にパスする戦略
(非推薦、エビデンス検証中)

でした


試験会場はこんな感じです(終了後)。
試験会場



「MBAっていっても、大したことないのね
野ウサギさん


いえいえ、野ウサギさん
「私が」大したことないのです・・・。

「もっと自分に負担をかけないと、限界は越えられないぞ!!」
何かの修行??

いえいえ、セグロカモメさん、
もう人生半分くらい生きたんで
「自分にやさしく、他人は薄眼で見る」
をモットーに生きていこうと思ってマス



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/05/24 04:06 ] 学期試験 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。