できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

International Health のエッセイ結果

16日(月)くもりのち雨

今日は、International Health のエッセイ
の結果が返ってきました。

4月15日まで日本でイースターバケーションを楽しみ、
4月20日が締め切りで、あわてて書いたものです。
資料は少しずつ読んでいたので助かりました。

結果は、

16(20点満点:良、Good)でした

やった

お題は、

Select ONE indicator and ONE country and discuss
the progress made towards the MDG using this indicator.

MDG = Millennium Development Goals (ミレニアム開発目標)
詳しくは、こちら↓

MDGs in Africa


生徒の9割は発展途上国からの留学生なので、
みんな自分の国をテーマに、エッセイを書いているのですが
私はそうも行かないので、テーマ選びから
きちんと考えなければいけません。

自論ですが、いいエッセイは、いい資料からだと思います。
エッセイは、自分の研究発表ではないので、
自分の意見を書くにしても、その裏付けとなる証拠が必要となります。
なるべく、信頼できる、まとまったいい資料が多く手に入るほうが
エッセイの幅が広がる気がします。
英語の言い回しもいろいろ参考になるというのもありますが・・。
もちろん内容に興味がある、というのは大前提です。
でないといくら資料があっても読む気がしない

ということで、選んだテーマは

ボツワナにおける

ビル&メリンダ ゲイツ財団(マイクロソフト)、メルク(製薬企業)、
ボツワナ政府の、Public-Private Partnership (官民共同事業)の

エイズ治療薬へのアクセス拡大における貢献

です。

Indicator は、
the proportion of population with advanced HIV infection
with access to antiretroviral drugs of MDG 6


製薬企業の、社会的責任(CSR)は、興味がある分野なので
修論で取り上げようと思ってます。

”素晴らしい行いをしているけど、100 % の善意ではありません。
ちゃんと色々計算しているんですよ”

というのが面白そうなので

上に書いた、ボツワナにおけるPublic-Private Partnership に
ご興味がある方は、こちらをどうぞ。
一番簡単にまとまってます。
ネットやPubMed にも、この他いろいろ資料、論文があります。

Working with Botswana to
Confront Its Devastating AIDS Crisis



PS. 今日は、勉強もそこそこ、ミサキさんと中国食品スーパーに
買い物に行って一緒に晩ごはんを食べて、最終バスの時間まで
「蟲師」見てました



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/05/17 19:24 ] MBA授業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。