できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セミナーとか新しいフラットメイトとか

12日(木)晴れのち雨のち晴れのち雨のち晴れ

スコットランドらしい天気です
折り畳み傘は必需品!

今日は、

12:00-13:30
The Centre for Sustainable International Development
主催のセミナー

'Promoting education and health in SubSaharan Africa -
the role of Aberdeen NGOs'

に参加しました。

実際に、ウガンダとケニアで活動を行っている
アバディーンのNGOの方々の話です。

お互いの Expectation の違いやコミュニケーションの難しさなど
実際に活動を行っている方ならではの話が聞けて
良かったです。

14:00-17:00
Leading International Health Care の最後の授業
授業の後で、先生も含めてみんなで学食に行き
コーヒーを飲みながら歓談したり写真を撮ったり・・。
昔は、最後の授業の後は、みんなでパブに行き
ビールをおごったんだけど、今は予算が厳しくてできないんだよ・・、
と先生がしんみり言います。
どこも一緒ですね
でも別に、先生のポケットマネーでもいいんですよ

その後、リドルに買い物に行って寮に帰宅。

例のガンビア人が出て行ったあと、空いていた部屋に
新しいフラットメイトが来ました。

ポーランド人のナディアさん。

私の偏見では、ポーランド人の女性は
マトリョーシカみたいな体型の方が多いのですが
スラっとした、美人さんです。

ポーランドの大学の薬学生で、
6か月間、アバディーン大学で研究するとのこと。


仲良くなれればいいな
そんな感じの一日でした。


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/05/13 09:05 ] キャンパスライフ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。