できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試験勉強スタート

7日(土)くもりのち雨

今日から本格的に試験勉強スタート(の予定)です。

午前中は、洗濯
午後は、図書館で勉強(2時間くらい)
そして、晩ごはんを食べて
冷えピタをおでこに貼ってお部屋で勉強です。

なぜなら部屋が暑いから。

窓を開ければいい??
そうしたいのですが、網戸がないので虫がわんさか入ってきます。
蚊とかはいないのですが、小さな虫が天井にピタピタ張り付いているのは
さすがに気持ちよくありません。
全部退治しましたが

昼間は昼間で、クモやハチなどが入ってきます。
公園に囲まれて自然豊かなのはいいのですが、、、

そして、勉強に飽きたので、ビールを飲みながら読書

ピンク色のビールです
ピンクのビール♪


これの普通ののも昨日飲みましたが、
味がちょっと薄いかな?って感じですが
なかなかイケます


読んでる本は
「The Bottom Billion」、図書館で借りました。
世界(主にアフリカ)の最底辺に住む約10億の人が、
なぜその状況から脱出できないのか、が書かれています。

貧困そのものは解決できない問題ではないが、
4つの Traps のため改善に向かわない、
国によっては、それは1つだったり複数だったりする、
と説明します。

それらはです。

・The conflict trap
・The natural resource trap
・Landlocked with bad neighbors
・Bad governance in a small country

まだまだ読み始めたばかりですが、なかなか興味深いです。
試験勉強の気分転換に少しずつ読んでいければと思ってます。

でも、この4つのトラップ、日本にはものの見事にまったく
当てはまらないですね(国の面積は小さいですが、人口は多いですし)。

日本語訳もありますのでご興味のある方はどうぞ

最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?最底辺の10億人
最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?

ポール・コリアー

商品詳細を見る



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/05/08 19:09 ] 学期試験 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。