できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒースロー空港での出来事

16日(土)晴れのちくもり

朝、7時からひたすら20日締め切りのエッセイを書いていて
飽きたので、ブログで暇つぶし


昨日のアバディーンへの旅路のことでも書いてみようと思います。
旅程は 成田 → ヒースロー空港 → アバディーン空港 です。

ヒースロー空港で時間があったので、ウインドーショッピングをしたり
ラウンジで読書をしたりしていました。

乾燥しているので、飛行機の中では常にマスク着用です。
イギリスではほとんどマスクをしている人はいないのですが、
ヒースロー空港には日本人がちらほらいて、マスクをしている人が
いないわけでもありません。

ただし、アバディーン行きの飛行機に乗るところでは
私以外でマスクをしている人はいませんでした。
というか日本人いない。
(ターミナル1の僻地、搭乗口8、超遠い・・・)

そして、搭乗開始のアナウンス
日本と同じで、まずは妊婦さんや、子供連れ、搭乗に際し手伝いが必要な人、
その次は後方座席の人です。

妊婦さんや、子供連れ、搭乗に際し手伝いが必要な人はおらず、
後方座席のアナウンスがあったので、一番乗りで行き、
チケットを見せると、男性のスタッフが付いてきて、と言います。

一番なので道がわかりにくいから飛行機までみんなを誘導してくれるのかな、
と思ったけど、後ろから誰もついてきてないのにどんどん先に進みます・・・。
どうやら”私だけ”を案内している模様・・・。

「あれが飛行機だよ、OK?」と満面の笑みで聞かれます。。。

・・・マスクしてたから搭乗に際しお手伝いが必要な人に間違われちゃったよ。

前もスーパーで重病人扱いされた覚えがあったので気を付ければよかった。
(スーパーでは、マスクをしていたら、買った品物をスタッフの人が袋に
全部入れてくれました。お年寄りの人などにしているサービスで
やさしい言葉もかけてもらえます。)

男性スタッフの人件費、ちょっと無駄使いしちゃった

さて、エッセイの続きをしなければ


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/04/16 21:13 ] 一時帰国 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。