できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スラムを紹介したBBCプログラム

4日(金)くもり時々晴れ

今日は、International Health の授業です
お題は、Neglected Tropical Diseases(NTDs:顧みられない熱帯病)。

NTDs は17種類定義されており、貧困と密接に関連しています。
正確な数は把握できていませんが世界で約10億人の人が
感染しているそうです。

その貧困に関して、授業で薦められた BBC の TV プログラムを
寮で見てみました。

内容は4人の著名人がナイロビのスラムで実際に生活する、というものです。

お金は自分で稼がなくてはいけません
一番割のいい仕事は、売春(もちろん参加者は誰もしていませんが)、
スラムの中でテレビを持っていてお子さんを学校に行かせている人の
仕事は、共有トイレ(汲み取り式、1つを1,000人ほどで共有)の回収・清掃です。

BBC の TV プログラムは、字幕があるものが多いので内容把握には助かります。
(それでもよくわからないところはたくさんありますが

このようなプログラムには、賛否両論あるかと思いますが私は肯定派です。
プログラム終了後、その人たちには帰る家があるとしても、
そこで生活をすることに挑戦し、それをリポートすることでその状況を世に伝え、
多くの人の関心を集めることは事実だし(実際に私もこれで知った)、
その結果、寄付金が集まり、状況の改善に使用されるのも事実です。
もちろん現地で地道に活動されている方もたくさんいます。

このような状況の人は、世界で10億人以上いるといわれています。
割合にすると、世界人口の 1/7、約14%

ちなみに、1日2ドル以下で暮らす貧困層は、世界人口の約 40% です。

人間は、決して洗練された文明の中を生きる種ではなく、
それができるのはごく限られた一部の人達だけ。
世の中、見ようと思わなければ見えないものがたくさんある、
いうことを知ったプログラムでした。

もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/03/05 09:44 ] MBA授業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。