できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドの医療システム

世界の医療システムシリーズその2です。
(いつの間にかシリーズ化??)

今日は、インドについて。

仲のいいインド人の友達は医師です。
でも専門(内科とか小児科とか・・)が何かは知りません。

金曜日の授業の時に聞いてみたら
「●●●××」(全然知らない単語・・)

綴りを教えて欲しいとお願いしたら、

「アーユルヴェーダのことだよ

アーユルヴェーダ!

日本人の私には、エステやマッサージというイメージが
真っ先に思い浮かんでしまうのですが、
インドでは立派な医学の一つとのことです。

聞くところによると、インドの医療システムは
西洋医学のほかに、

Ayurveda (アーユルヴェーダ)
Yoga & Naturopathy (ヨガ&ナチュロパシー)
Unani (ユナニー)
Siddha (シッダ)
Homoeopathy (ホメオパシー)


の5つの医学があり、これらは、西洋医学の「代替医療」ではなく、
正式な「医学」として制度化されているそうです。
それぞれに専門の「医学大学」があり、そこを卒業することで
「医師」として臨床活動が行えるのだそうです。

患者さんはそれぞれの医療を選択/並行して利用できるそうです。
例えば、高齢で関節の動きが悪くなり、西洋医学では手術が必要、
と言われたとしても、手術をしたくない場合は、
アーユルヴェーダでハーブ(薬草)などを用い
症状を和らげていく、という選択ができるそうです。
(アーユルヴェーダでは手術は行わないとのこと)


詳しくはこちら↓
Department of AYUSH


アーユルヴェーダ・・、響きがいいですよね

第3回は、「ネパールの医療システム」(たぶん)です。
お楽しみに~


注意
私の頼りな~い英語理解力がベースとなっています
正確な情報が必要な場合は、ご自身でお調べください


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/02/27 08:54 ] MBA授業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。