できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

International Health の授業とお買いもの

16日(水)雨

先週末からずっと天気が悪いです
早く回復しないかな~。

今日は、International Health の授業です。

・ 人口増加による、都市・農村での 医療格差の広がり
・ スラムの問題
・ 死亡率・出生率の移り変わり
・ 病気の変化(感染症から慢性疾患へ)

などを学びました。

都市の人口増加の例を出す際に
「日本の都市では、電車に人が入りきらず、駅員が人を押し込んでいる」
という話をしていて、周りの人に「ホント?」
と聞かれたので、
東京だけであること、
朝と夜のラッシュアワー(決まった時間)であること
を説明しました。

「降りるときはどうするの?」
などと、隣の席のインド人の友達は興味深そう

私、インドの写真で、電車に人が入りきらず、
屋根まで人が載っている写真を見たことがあるのですが・・・

探したらあった。
インドの満員列車 (←リンクしてます)


授業はかなりブロードな内容で、ちょっと退屈
隣を見たら、インド人の友達(医師)が
ものすごく真剣に、ノートに落書きしてた。

あー、私も会議中よくやる
退屈なときの落書きは、国境を越えた behaviour なのですね。

授業の後は、街の薬局と Marks & Spencer へお買いもの

薬局で、ついつい買いすぎてしまうのは日本も外国も同じ。
お化粧品


私の使っている化粧品たち。
左から、パック、乳液代わりのジェル、スクラブ用洗顔、化粧水(Avene)
Boots(薬局の名前)のオリジナルブランド「BOTANICS」は
3 for 2 といって3つ買うと2つのお値段で買える(1つはタダ)という戦略のため
ついつい、余計ではないけど色々買ってしまう。

さて、今から明日の予習です
予習♪


P.S.
昨日、「Improving Your Writing: Grammar & Punctuation」という
ワークショップに参加したのですが、イギリスに来てなんか変だな?と思っていた
英語の疑問が少し解決

まず、アメリカ英語とイギリス英語は文法が違うことがある、ということ。
学校では、関係代名詞の「which」と「that」は入れ替え可能、と習いましたが
イギリス英語は、必ずしもそうじゃないのです。
関係代名詞 which の前には、必ずコンマ ( , )が必要になってくるので
単純に入れ替えるだけではだめ


A book that is on a table is mine.

A book, which is on a table, is mine.

という感じになるんだとか


あと、アメリカ文法、イギリス文法という話ではないのですが
3つ以上のものを並列するとき、
A, B, and C、って学校で習ったのですが
A, B and C、で最後の and の前にコンマはいらない、とのこと。
(こっちで文章を読んでいたらこの書き方が主流だった。)
A, B, and C と主張する文法書も確かにある(Oxford ?)が、
あくまでも主流は後者だとか。

文法、奥が深い


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/02/17 08:45 ] MBA授業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。