できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Happy バレンタイン

14日に関してもう一つ。

今日は、バスのスケジュール表を勘違いしていて
真夜中に、来るはずのないバスを1時間も外で待ったりしたけど
色々と楽しい日でした


まず、ミサキさん(中国人)に
「バレンタインの日はおしゃれしてご飯を食べに行こう!」
と誘われていたので、授業が終わった後
寮で支度をして、ミサキさんのところに行きました。

一応、メイクをして H&M で10ポンド(元の値段は24ポンド)で買った
ワンピースでおしゃれして行ったのですが、
私の地味な顔と髪型が、ミサキさんはお気に召さないよう。
色々とアレンジしてくれるので、お任せしておりましたら、
おおっ!なんじゃこりゃー、という感じに仕上がりました

35才+αとは思えない髪型、大人になったじゃりんこチエ?
でもここはイギリスなので、気にせずそのまま外出。
見慣れてくるとなんか(?)かわいく見えない気もしないので

メンバーは、ミサキさん、キャットさん(スコットランド人)、私の3人です。
「 Yu 」という中国料理レストランに行きました。
「 Yu 」は、中国語で、「魚」という意味らしいです。

料理は安くはないけど、なかなかおいしい。
妥当な値段だと思います
レストラン”Yu”

キャットさんは、自分の食事が速いのを気にしているようでしたが、
私が負けず劣らず速いのでびっくりしてました。
(きょうだいの多い家庭で育ちましたので

「Tiare は私と同じスピードで、私より多い量を食べている!!」
と、お褒めの言葉をいただきました。

イギリスに来て、あまりたくさん食べない(味的に食べられない)ので
食への関心が無くなりつつあったのですが、
食べ物さえおいしければ、No Problem だということが分かりました


バレンタインなので、お店はカップルだらけです。
お店から、バラの花をいただきました。
バラ


この後、友達のインド人の誕生日パーティーにミサキさんと合流。
12時近くまでいて、バスで帰ろうと思ったら、
冒頭に書いたように、バスが来ない!
という事態に遭遇。

なぜかというと、23時以降のバスは、金曜日のみの運航だったのです
そんなの知らなかった~(ちゃんとバスの時刻表には書いてあった)。

今まで気づきもせず、夜中にバスで帰っていたということは、
今までミサキさんのところで夜遅くまで遊んでいたのは
すべて金曜日だったということで、
逆に、今まで気づかず、すんなりバスで帰れていた私は
どんだけ運が良かったんだ、、、

結局、ミサキさんに暖かーい飲み物をもらって、
タクシーを呼んでもらって、無事に帰宅。

(平日)夜遅くまで遊ぶのはほどほどに
ですね。


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/02/16 06:23 ] ごはん/お酒 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。