できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスティーナさんとお別れ

25日(火)雨

今日のお昼は、街に買い出しに行きました。
そして寮に帰ってきたところで傘が壊れました

また、街に傘を買いに行かなければ・・・・・。

20:00からは、クリスティーナさんと寮のパブで待ち合わせです。
彼女とは、スコティッシュダンスで知り合いました。
ドイツからの交換留学生で、お人形さんのように顔が小さくてかわいい23歳

なぜか英語もろくにしゃべれない私を気に入ってくれていて、
お昼ご飯を週一で食べたり、図書館で一緒に勉強したりしてました。

そんな彼女が、今週末交換留学の期間が終わりドイツに帰るので
最後に寮のパブで会ってお話ししました。

自然と話題は、クリスマス休暇のひどい交通状況について。
彼女の話を聞くと、やっぱり自分はラッキーだと思わざるを得ません

【クリスティーナさんの場合】

エディンバラからミュンヘンへの直行便があるので、電車でエディンバラに向かうことに。
フライトは次の日の朝。エディンバラで一泊の予定。

アバディーン駅で、自分より前の電車が続々到着するも出発せず。
線路が凍っているので、その修復のためとか。
結局-20℃の中、3時間待たされる。
やっと電車が出るも、途中のダンディーで再び停車。
結局エディンバラに電車で行くのに10時間かかったとのこと。
(本来は2時間ちょっと)
飛行機には間に合ったので結果オーライと言っていた。

【クリスティーナさんの友人の話】

ヒースロー空港に行くも、フライトは2回キャンセル。
マンチェスターからフランスパリ行の飛行機が出るとのことで
それを予約し、マンチェスターへ。
飛行機は飛び立つも、パリの大雪のため、飛行場へ着陸できず、
イギリスとフランスの間にある小さな島の飛行場に降ろされる。

ここで二択、
マンチェスターに飛行機で帰るか、ボートでフランスに行くか。
フランスに行くことにし、レストランで一夜を明かす(ホテル施設がないため)。
翌日、8人乗りの小さなボート2隻で、12人がフランスに向かったとのこと。
大雪の真冬に


1人1人にドラマがある、そんなカオスなUK交通事情でした。
クリスティーナさんがいなくなったらさみしくなるな


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/01/26 07:51 ] キャンパスライフ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。