できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グループプレゼンテーション終わり

10日(金)晴れときどき曇り

イギリスの天気予報の「くもり」は
「Grey Cloud」と「White Cloud」があります。
確かに違うな~

さて、今日はManagement for Health のプレゼンの日です
私たちのチームのお題は、
「Telemedicine」という遠隔診断・治療システムを使うことで、
イギリスの医療がどのように変わっているか、今後どうなるかを
Coronary Heart Disease(CHD)患者に焦点を当ててまとめたものです。

14時から授業ですが、10時半に集まって最終打ち合わせをする約束をしたので
10時半に着くよう医学部に向かいます。

もちろん時間通りに誰かが来るなんて、まったく思っていないので
エッセイの資料を持って行って、みんなが来るまで読んでました。

11時にインド人の女の子、11時半にジャイ子が来ました。
あとの二人はもちろん来ません。授業には来たけど・・・。

プレゼンは、なかなかうまくいったのではないでしょうか?
ビデオクリップを使用したのはうちのグループだけだったし。
賞こそもらえませんでしたが(上位3チームがもらえる)、
みんな頑張ったし、勉強になりました。

まったくグループワークに参加しなかったインド人の男の子から
チームみんなあてにお褒めのメールが来ました

You all made a remarkable presentation. hats off to all of you.
Dont get dishearted by not getting any prize.
I can see a bright future for you all in this field.
Hats off & continue the good work.
●●(私の名前) i have started admiring Japan after seeing you.


いや~、あんたに言われても・・・
まあ、とりあえずありがとう。

これで課題は残すところ、来週16日締め切りのエッセイのみです。
資料を少しずつ読んでいるだけで、ほとんど進んでいませんが、
明日は、大学の International Society 企画のショートトリップで
エジンバラのクリスマスマーケットに行ってきます
楽しみ


PS
上に出てくる子とは別のインド人の女の子が、なぜか私のペットボトルの水を手にとって
持っていきます。間違えているのかと思い、「私のだけど」と声をかけると
「私は水を飲んじゃだめなの?」と困った顔で聞いてきます。
飲みたいなら、まず言うことがあるだろう
まあ、悪い人ではないんですが、世の中には色々な人がいるな~。


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2010/12/11 06:50 ] MBA授業 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。