できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帰国してはや1ヶ月

ご無沙汰しております

帰国して、1か月が経ちました。
早いものです

その間に感じたことを、ちょっと書いておこうと思います。

<日本に帰ってきて違和感を覚えたけど、慣れてきたこと>
湿気
顔がべたべたします。水回りがすぐカビます。びっくりです。
階の数え方
イギリスでは、1階は0階なんですよね。だいぶ慣れました。
信号が押しボタンじゃない
アバディーンではすべての信号が押しボタンでした。
ついついボタン探しちゃいます。

<まだ慣れないこと>
主語なしの会話
日本語は主語を言わない傾向があるので
自分の答えが相手の期待する答えになってないことが多々あります。
日本語ネイティブなのに、会話が全く分からないこともありました。
high context cultureってやつですね。
難しいわこれ。
空気読めません
建前文化、これも難しい。
相手が本気で言っているのか、気を使って言っているのか
わかりません。かなり疲れます。

そして今、一番困っていることが
ものすごく自分の視野が狭くなっていくことを実感していることです。

留学中はフラットメイトに食パンを勝手に食べられてキレてた私ですが
いまよりもう少し大局的に物事を見れていたような気がします。

視野が、自分にフォーカスされてしまい
「(自分が)損か得か」のような考えで、
目先の利益や、小さな問題に気を取られすぎているような気がします。

他人に対する寛容さが無くなっていくのも感じます。
やはり「他人に迷惑をかけないこと」と育てられた私たちは
これ自体はいいことですが
他人に迷惑をかけられることにも敏感なのでしょう。

多様性のある環境の中では
イライラさせられることもいっぱいあるけど
いい面もたくさんあるのだな、
と実感しているところです。

ただ、このまま流されるわけにはいかないので
何か対策を取らねば。



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/11/27 22:20 ] 卒業後のいろいろ | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。