できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドキドキ卒業旅行(その4:ベニス、そこはディズニーシー編)

ダラダラ書いていたら、記憶があいまいになてきた。
ヤバい・・

9月3日(土)

ベニス到着
もう一人の友達と空港で合流し、
3人で、ベニスの中心地へバスで向かいます。

ベニスは本当に、方向音痴泣かせなところです。
道は狭く入り組んでるので地図はほとんど役に立ちません。
大体の方向がわかるくらい。

その上、人に聞けば真逆を教えられるので
ホステルにたどり着くのも一苦労でした。

しかも暑い~

第一印象は、
”生活感のないところだなー”
です。

通りには多くの人が歩いているのですが
90% 以上の人は観光客です。

まさにちょっと大きなディズニーシー
って感じ。
(というかディズニシーがベニスを参考にしたんでしたっけ?)

観光するところは、サンマルコ広場というところに
大体かたまっているので
あっちに行ったりこっちに行ったりする必要は
ありませんでした。
道には迷うけど

水上タクシーや水上バスは高いです・・・。

ホステルからの風景
ホステルからの風景


泊まったところは、Domus Civica というホステルで
3人一部屋で、1人30ユーロです。
シャワー・トイレは他の宿泊客と共同です。
ベニスのホステルの中では、評判は良いようで
特に不自由は感じませんでした。


ゴンドラ~
ゴンドラ


リアトル橋
リアルト橋


サンマルコ広場
サンマルコ広場

すごい人、人、人です。


遭遇したモデルさん
モデルさん1


オーラがまったく違います。きれいすぎ!!
モデルさん2


さようなら、ベニス
さよならベニス


<その5. ピサでお約束のポーズ編>に続く



> def283さん
拍手コメントありがとうございます!
アバディーンには無事に到着されましたでしょうか?
もし、アバディーン情報で知りたいことなどありましたら
ご連絡ください


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/30 08:04 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

ドキドキ卒業旅行(その3:ライア●エアの壁)

<その3. ライア●エアの壁>

今回の旅行は、貧乏学生旅行なので
格安航空会社
ライ●ンエアと
イー●ージェットを駆使しての旅行です

安いけど、不便な空港、不便な時間なんですよね
なので、朝6時のフライトです。

無事に空港に着けて一息、持ってきた朝食
(リンゴやサンドイッチなど)
を食べて、そして搭乗です。

機内に持ち込める荷物は1つだけ。

1つっていったら絶対1つ!!
ポシェットも、ビニール袋だって認められません。

そして、搭乗に先立ち
乗客全員の荷物のサイズがチェックされます。

よく空港に「機内に持ち込みできる荷物のサイズはこれですよ」
ということを示す BOX (その中に荷物が入ればOK)
がありますよね。

アレに1人1人荷物を入れてパスしなければ
通してもらえません。

私は1回目、無理でした
荷物を整理し直し、2回目に挑戦!!

無理やり押し込もうとしてけど入らず・・・

気持ちは、シンデレラのお姉さん達です

仕方がないので、重要度の低いものを捨て
3度目でやっとパスしました~

もちろん座席指定などないので
(早い者勝ち、お金を払えば優先して入れてもらえる)
かなり焦りました

友達も3回目でパス

乗客の中には明らかにカバンのサイズが
BOX 以上の人がいて
追加料金を要求されていました。

その人は一生懸命、
「ちょっとはみ出ているだけじゃないか、
どうしようもないのだから許可してくれ」

と訴えていましたが、きっとダメでしょう。

安いのにはそれなりに理由があるようです。
当たり前か

イタリアに行く前なのにいろいろ
試練があるものだ・・・


<その4. ベニス、そこはディズニーシー編>に続く


PS.
フェイスブックで紹介して、好評だったイギリスの地図
(ネットで拾ってきた画像です)
これであなたももう、イギリスを見る度
この女の子を想像してしまうでしょう(^O^)

アバディーンもちゃんとあるよ。

イギリスちゃん




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/21 08:09 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

ドキドキ卒業旅行(その2:スコットランド脱出大作戦)

<その2. スコットランド脱出大作戦>


半泣きで電車を見送る友達・・・
「どうしよう・・・」

とりあえず、明日の朝までにリーズ空港に着けばいいので
インフォメーションセンターで、
リーズもしくはその近くまで今からどうやったら行けるか聞いてみよう、
と提案し、インフォメーションセンターへ。

そこで先ほどの電車がスコットランドを出る最終電車で
今からだと、エディンバラまでしか行けない、
ということを知る。

ちなみに、アバディーン、エディンバラ、リーズの
位置関係はこちら

イギリス

北東の出っ張った所の近くにあるのがアバディーン、
グレートブリテン島の真ん中あたりにあるのがリーズです。


とりあえず、いま行けるエディンバラまで行き、
電車の中でどうするか調べよう!ということで
エディンバラに向かいます。


友達に、
「私のせいで電車に乗れなかったのに、なんで怒らないの?」
と聞かれたので、

怒っても、解決策は出ないこと、
さらに悪いことに、私たちの関係も悪くなる、
それは避けたい。
それよりどうやったら、明日の朝までにリーズに行く
ことができるか調べるのが今の一番大切なこと

「だから頑張って!」

と、リサーチをお願いする。
(↑電話を使った問い合わせにはまったくの役立たずのため

友達が、ありとあらゆるところに電話をかけまくり、
前に座っていた母娘に情報を聞いたり、
娘さんの携帯でインターネットを調べてもらったり、
私たちの会話から事情を察した、近くの男性が
自分の携帯のインターネットで
エディンバラからのバス情報やフライト情報を
調べてくれたり


とても多くの人の親切に支えられた結果、


明日の朝までにリーズもしくは

その近郊に行く方法はない!!



ということが分かった


タクシーを除いて、、、、


電車の所要時間から察するに
タクシーでも4時間ほどかかるようだ。

いったい料金はいくらかかるんだ?

親切にしてくださった近くの男性が、
タクシードライバーと交渉して
値段を固定してもらえばいいよ、
とアドバイスしてくれました。


友達に、
「どれくらいの金額でリーズに行けるかはすべてあなたの
交渉に掛かってる!頑張って!!」
(↑私は英語に関しても役立たずのため)」

「うん、頑張る!!!」

ということで、エディンバラにつき
さっそくタクシー乗り場へ。


一番目の運転手さん、
リーズまで行きたい、というと
料金リストみたいなのを出してきて
「500ポンド(日本円で65,000円くらい)」

という。

さすがにそれは出せない、、
どうしよう、と二人で悩んでいたら
他のお客さんがやってきたので、
順番を譲る、

「行かないの~?」
とさっきのドライバーが、声をかけてくるので
「いいです」
と答えて次のドライバーにあたってみる。

次のドライバーさんは、リーズにはいかない、とのこと

3番目のドライバーさんに説明をしているとき、
先ほどの2番目のドライバーさんも心配してくれたのか
一緒に事情を説明してくれる

3番目のドライバーさんも料金リストを出してきて
「リーズまでだと477ポンドかかる。だけど現金で払うなら
350ポンド(45,000円くらい)で行くよ。」

1番目のドライバー、どんだけ足元見てたんだよ!!!
ということで、そのドライバーさんにお願いしました。

とても気さくないい方で、
トイレに行きたかったり、休憩したかったら
いつでも言ってね、
と言ってくれてとても楽しい道中でした。

ということで、エディンバラを 10:00pm に出発し
無事 2:00am にリーズ空港に到着しました。


今日学んだこと

世の中、金さえあればたいていのことは何とかなる


「その3. ライ●ンエアの壁につづく・・・



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/20 02:39 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

クロ●コさんとわたくし

15日(木)くもり

明日、16日はクロ●コさんが私の荷物を取りに来ます。
別送便として、船便で日本に送るものです。

前日の今日、最終確認(集荷場所、個数等)の
電話をイギリス事務所のようなところに
しなければならないので電話をしました。

日本語の安心感たらありゃしない。

でも、私の記録が見つからないようで
オペレーターのお姉さんは、調べて10分以内に
折り返し連絡します、とのこと。

15分くらい待って、出かける用事もあったので
こちらから電話しました。

「あ、先ほどの方ですね。16日集荷でしたよ。他に何か?」

ほ、他に何かって・・・・
あんたはイギリス人か!
(といっても、イギリスでもこんな扱い受けたことない)

私「あの、最終確認しなくてもいいんでしょうか?集荷場所とか個数とか・・」


ここでお姉さん、我に返ったようで

「あ、大変失礼しました。集荷のご住所は、、お電話番号は、、」

と丁寧なオペレータに戻り、何回も謝られました。

あの15分の間にお姉さんにいったい何があったんだろう・・・・




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ


ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/15 23:43 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)

ドキドキ卒業旅行(その1:予告編)

9月2日~9月13日の間、

イタリアのベニス、フィレンチェ、ローマ
ギリシャのアテネ、パロス島

を巡る卒業旅行に行ってきました。
その様子を、ダラダラとつづっていきたいと思います。


<その1. 予告編>

9月2日(金)

ベニスへの飛行機は、リーズ国際空港発です。
リーズまでは、アバディーンから電車
6時間半ほどかかります。

その最終列車(18:16発)に乗り遅れた私たち
飛行機は明日の朝 6時発

(私は、30分前には駅にいましたが
予約チケットを持っていた友達が間に合わなかったのです)

行けるかイタリア??
全部パァか??


「その2. スコットランド脱出大作戦」につづく・・・




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/14 22:32 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。