できるかな?MBA留学inスコットランド&その後

スコットランド第3の都市Aberdeenに留学していました。「30代におけるMBA留学の意義」とかはないです。単なる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クロ●コさんとわたくし

15日(木)くもり

明日、16日はクロ●コさんが私の荷物を取りに来ます。
別送便として、船便で日本に送るものです。

前日の今日、最終確認(集荷場所、個数等)の
電話をイギリス事務所のようなところに
しなければならないので電話をしました。

日本語の安心感たらありゃしない。

でも、私の記録が見つからないようで
オペレーターのお姉さんは、調べて10分以内に
折り返し連絡します、とのこと。

15分くらい待って、出かける用事もあったので
こちらから電話しました。

「あ、先ほどの方ですね。16日集荷でしたよ。他に何か?」

ほ、他に何かって・・・・
あんたはイギリス人か!
(といっても、イギリスでもこんな扱い受けたことない)

私「あの、最終確認しなくてもいいんでしょうか?集荷場所とか個数とか・・」


ここでお姉さん、我に返ったようで

「あ、大変失礼しました。集荷のご住所は、、お電話番号は、、」

と丁寧なオペレータに戻り、何回も謝られました。

あの15分の間にお姉さんにいったい何があったんだろう・・・・




もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/09/15 23:43 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)

疲れた・・・

26日(金)くもり時々晴れ

色々と疲れました・・・。
一度に1つ以上のことができないので
修論、引越し準備、旅行準備、英語学校の手続きなど
パニックになりそうです。



パニックになりそうだけど、結局ネットで遊ぶので
大物なのか小物なのかいまいちわかりません・・。

そういえば、昔、高校受験のころ
受験が近づくにつれて、録画していた‘ルパン三世’を
片っ端から見始めて、
「勉強しろ」とはほとんど言わなかった母親に
「あんた、ホントに大丈夫?」と本気で心配されたことがあったなー


今日は、午前中は英語学校に授業料を持っていきました。
本当は昨日行ったのですが、クレジットカードが機能しなくて
(2枚持っているのですが、2枚とも!)
今日現金で持っていきました、

クレジットカードはネットで普通に使えているので
あの読み取り機、壊れてたんじゃないかなー


クラスは、去年のIELTSの結果から、
一番上の上級コースになりました。
大丈夫か??

conversationコース、というのも希望していたのですが
スタッフの一人が
「あのコースは、中級の人向けだからあなたには物足りないかも。
文法知識はあるけど話慣れていない人向けで、アジア人の方が多いわね。
今ここでお金を払うのではなく
1回受けてみて、参加するかどうか決めてみたら?」

と言われたので、そうすることにしました。
まあ、私は文法知識もあやふやなんですが、
そのアジア人の1人です・・・。

でも、英語学校はいいですね。
みんな慣れない英語を一生懸命使っているって感じ。
英語は最初っからは話せないのよ!

でもみんなすごいスピードで上達していくんだろうなー
ヨーロッパ語圏の人は特に


午後からは、引越し先に、本など使わなくて重いものを
先に運びました。

引越しは来週の火曜日です。

修論は、友達から校正が返ってきて、
先生にメールで見せて、OKがでたので
明日にはプリントアウト→製本→月曜提出
で行きたいと思ってます。

色々疲れました。
食欲もありません・・・

日本であれだけ、大食い・早食いと言われた私に
「食べたくないからお腹減らなきゃいいのに」
とまで思わすイギリス、恐るべし



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/08/27 06:25 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)

卵の不思議

21日(日)晴れ

なにもせず、だらだらーっと過ごしてしまいました。
反省!

ニュージーランドにいた時も思ったのですが、
イギリスでも、
”卵の消費期限が長い”んです。

日本だと、せいぜい1週間くらい?
でもこちらは2週間くらいあります。

しかも室温保存がスタンダードだし。


卵の種類が違う?
でもニワトリだし・・・・。


世の中には同じ疑問を持つ人もいるようでネットで
答えを見つけました。

そう、日本人は
‘卵を生で食べる’民族なんです


つまり、日本の卵の消費期限は
生で食べられる期限

外国での卵の消費期限は
ちゃんと調理して食べる期限

なのでした。

半熟ウマ―
とか食べてたけど、
私のお腹は丈夫なようでした・・・。



もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/08/22 08:29 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(2)

友達とランチ♥

20日(土)晴れ

今日は、日本への研究留学から
帰ってきたばかりの C ちゃん(ドイツ人)と
6月からアバディーンに来ている M さん(日本人)とで
ランチに行きました


場所はいつもの
日本・韓国料理レストランです。


私のすしファミリー
すしファミリー



C ちゃんの海鮮サラダ丼
海鮮サラダ丼


日本食を堪能


この後、M さんと別れ
C ちゃんと映画に行くも、いい映画がなかったので
レストランで飲んでました
アルコール飲んでたのは私だけですが・・・

C ちゃんに、来週、修論の
プルーフリーディングをお願いしました。
結構な量なので(40ページほど)、バイト代を払うと言ったら
いらないと言われてしまいました。

なのでここは、先払いお礼ということで
私のおごりです
大した金額じゃないけど←お酒飲んでたの私だけだし


寮に帰ってからは、昼からアルコールを取ったので
廃人らしく昼寝をし、
修論、最後の難関、Bibliography の仕上げ作業です。

資料の、論文・出た年は文中にすでに記載しており
↑(Yamada 2011)みたいな感じ

昨日までにその部分をワード上で
ハイライトしていました。

Bibliography に書いていった論文のハイライトを
消すという方法で、根気よく作業していきます。

結構覚えているつもりでも、孫引きしている論文もあり
論文・出た年だけでどの論文だったか
わからなくなって、ネットで調べたり、と
3時間ほどかかってしまいました。

でも終わったー


明日はゆっくり洗濯でもしよう


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/08/22 01:47 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)

結婚式@スコットランド

13日(土)晴れのちくもりのち晴れのちくもりのち・・・
でも雨は降りませんでした!

今日は、McEwenご夫妻の御嬢さんの結婚式に参加してきました。
会場は、Aberdeenshire にあるご夫妻の親戚のお家です。

会場までは、MacEwen ご夫妻のお向かいのご夫婦の車に
同乗させていただきました。


丘の上の一軒家です
丘の上の一軒家1


周りに何もありません、、すごい
丘の上の一軒家2


会場は、奥に見える納屋のようなところです
会場


やっぱり、キルト姿の紳士が多いですね。
スーツ2割、キルト8割という感じでしょうか。

ショーン・コネリー氏
(こちらはかの有名なスコットランド出身の俳優ショーン・コネリー氏)

キルトスカートの柄&色は家系によって違うそうです。
なのでまったく同じ柄・色のキルトを着ている方同士は
家族または親戚関係とのこと。

日本の家紋みたいな感じでしょうか

また、細部にわたって凝ってます。
靴は普通の靴ではありませんし、
ソックスも特別なものです。
右のソックスには、短剣(?)のようなものを差しており
キルトを止めるピンも剣の形をしています。
ポシェットみたいなのもかわいいですね。

おじいちゃんがそこからティッシュを取り出して
鼻をかんでる姿は、もはや萌えです。


こんなちっちゃな赤ちゃんもキルト姿です
赤ちゃんとキルト


14:00過ぎより結婚式が始まりました
結婚式

お相手が、アフリカ出身の方(白人系)のためと
McEwen ご夫妻がアフリカで7年ほど過ごされてた関係で
会場がアフリカチックになっています。

30分ほどで式が終わり、会場の外で
2時間ほどシャンパンを飲みながら談笑


披露宴の始まり~
披露宴


それぞれのテーブルにはアフリカの動物の名前がついており
私のテーブルはチーターでした
チーター


メインディッシュは、やっぱり豚さんの丸焼きです
豚さん


披露宴が終われば、会場片付けのため
また外で1時間ほど待機

会場の準備が整いました。


バンドの方々です
バンド


そして、ceilidh の始まりです。
(スコットランドの社交ダンスのようなもの)


披露宴でしこたま飲んだ後(そして飲みながら)、
ひたすらくるくる踊ります
くるくる踊る1


くるくるくるくる・・・
くるくる踊る2


送り迎えをしていただく身なので
あんまりお酒を飲んでいなくてよかった。

絶対、お酒がまわるどころの話ではない・・・

楽しかったです。
キルト姿のおじ様(おじい様?)にエスコートしていただき
色々ダンスを楽しみました。
簡単なものから難しいものまで、
結構体力使います・・・

皆さんタフだー

24時ころに私たちは帰りました。
ダンスは25時ころまで続いたそうです


また、スコットランドの素晴らしい思い出が
一つ増えました


もしよければポチっとな
人気ブログランキングへ

ジャンル : 学校・教育
テーマ : MBA

[ 2011/08/16 06:56 ] Aberdeenの日常 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。